ブラックジャック アダム・アミーネ・ダニエルは、アメリカの若手ラッパーとしてブレイクしたと言えるでしょう。彼は Caroline リリースでメジャーになり、2017年にはアルバム『Good for You』を発表しました。ボーカルであり作詞家でもあるアミーネは、ブラックジャックの物語を用いていろいろな効果を得ています。曲中では、漠然とこのゲームに言及しています。例えば、繰り返される「I'm on the top, they're on the right」や「All up within the cash fair to reverse」という歌詞などです。 ...

ニュージーランドのプレイヤーなら理解していることでしょうが、オンラインブラックジャックの大きな利点は、自分の家から簡単にプレイできることです。着飾る必要はありません。つまり、楽な服を着たまま快適な環境で、いつでもプレイできるということです。また、場を盛り上げるために、どんな曲を聴くかも選べます。ブラックジャックとポーカーは、多くのアーティストにインスピレーションを与えてきた伝説的なカードゲームです。ここでは、ブラックジャックに何らかの刺激を受けて作曲や演奏をしているミュージシャンをご紹介します。 ギャンブルと関りを持つ事業家として、シナトラは、カルネバ・ロッジ、タホ湖、そしてラスベガス・ストリップの象徴ザ・サンズでのギャンブルについて歌う資格のある人でした。それでも、彼は判断を誤って、大切なものを犠牲にせざるを得なくなりました。とはいえ、シナトラは間違いなく優れた経営者で、ギャンブル管理理事会から承認を得ていました。報道では、シナトラが米国マフィアといかがわしい関係を持っていたことも示唆されていますが、彼自身は常に反論していました。1963年夏、シカゴ出身の犯罪者でマフィアと特定されたサム・ジャンカーナが、シナトラのカルネバでの出来事を目撃していたと専門家が突き止めました。ジャンカーナは個人的なシナトラの客人として滞在していたのですが、シナトラの判断の誤りは衝動的なものか、それともギャンブル当局に脅された時に自分の権利を守るためだったのかもしれません。 レイ・チャールズ ブラックジャック 米国の作家、作詞家、俳優、ミュージシャンであるレイ・チャールズの『ブラックジャック』を聴いてみてください。有名なソングライターでギタリストのT-ボーン・ウォーカーがブラックジャックをプレイしていたという、レイにとっては個人的な出会いから生まれた曲です。ピアノ、ギター、ベース、ドラムを駆使し、ベーシックながらも力強い12小節のブルース形式を採用した、緊張感のあるジャズ・ブルースの一曲となっています。チャールズのソウルな歌声は、紫煙漂う深夜の小さなカジノでとても長いブラックジャックの試合が終盤を迎えているかのような雰囲気を醸し出してくれます。曲中のギャンブラーは、いい手札を持っていません。しかし、ある時点で、彼はディーラーが5で16にヒットし、足してちょうど21になることに気づきます。「彼は絵札2枚を持って座っていた。私は楽しみに来たつもりだったのだが」 ザ・ギャンブラー 歌詞がブラックジャックのゲームに関連している『ザ・ギャンブラー』は、米国で最も注目すべき音楽ヒット曲の一つです。実際に、プレイヤーがブラックジャックのプレイ中に聴くために制作されたこの曲は、明らかにドン・シュリッツが書いた映画のストーリーを元にしています。深夜の電車の中で年老いたベテランのプレイヤーが若い男に対してギャンブルについて語り、アドバイスをしています。彼は、若い男にはエースが足りないことに気づき、「ウィスキーの最後の一本と引き換えに、アイディアを与える」約束をします。年老いたギャンブラーの人生は、人の顔を「読み」、目を合わせた相手の持ち札が何なのかを「知る」ことにありました。 ...