ブラックジャックのプレイ中に聴くべき曲の詳細 

ブラックジャック

アダム・アミーネ・ダニエルは、アメリカの若手ラッパーとしてブレイクしたと言えるでしょう。彼は Caroline リリースでメジャーになり、2017年にはアルバム『Good for You』を発表しました。ボーカルであり作詞家でもあるアミーネは、ブラックジャックの物語を用いていろいろな効果を得ています。曲中では、漠然とこのゲームに言及しています。例えば、繰り返される「I’m on the top, they’re on the right」や「All up within the cash fair to reverse」という歌詞などです。

Shape of My Heart

このイギリス人アーティストによる曲は、ブラックジャックだけでなく、あらゆるカードゲームに適しています。1993年にリリースされたこの曲では、ほぼ負けそうなプレイヤーについて歌います。ブラックジャックのプレイ中に聴いた音楽のおかげで、彼は幸運に手にして、本当の生き方と人生の意味を見出します。これらの曲を聴いてブラックジャックをやりたくなったら、最高のオンラインカジノで腕試しをしてみてはいかがでしょうか?

ブラックジャックのゲームに引き込んでくれる優れたメロディーとは言えませんが、典型的なブラックジャックのゲーム中に妙手を繰り出した時を思い出させてくれるでしょう。ブラックジャックをプレイするときに聴くべき音楽です。Blackjack Apprenticeshipウェブサイトのスタッフが、簡単なテクニックを覚えてもらうために作曲した曲で、自然に動きが思い出せます。声の良さだけでなく、古典的なブラックジャックゲームを簡単にプレイするのに役立つ一曲です。

マドンナの ギャンブラー

マドンナが歌姫として有名になる前から、彼女の曲は非常に魅力的でした。この曲の歌詞は主に自立について歌っていますが、ブラックジャックのプレイにも関連があります。「私はサメだから、ゲームを私なりのやり方でプレイする」という一節は、迷いを乗り越えて抜け目のないプレイをし、成功して満足するという宣言を見事に描いています。魅惑的な宣言よりも音にこだわりたいという人も、パーカッションや電子音がやはりお勧めの一曲です。

ブラックジャックはカジノの卓上ゲームの帝王だという話を耳にしたことがあるでしょう。1960年代初頭、カジノではブラックジャックでのカードカウンティングが行われていました。そのため、ディーラーに勝利するプレイヤーはほとんどいませんでした。それ以来、プレイ条件は改善されてきました。1デッキ以上のカードを使用しているテーブルでは、カードカウンターでは勝てません。コンスタントに勝てるプレイヤーは少なくても、ブラックジャックで番狂わせが起こるかもしれないという期待から、ブームが起こるのには十分でした。ブラックジャックは、クラップス、ルーレット、バカラ全てのプレイヤー人口を合わせたよりも多くのプレイヤーがいる、米国で一番人気のカジノテーブルゲームです。