ブラックジャックのプレイ中に聴くと良い曲は?

オンラインブラックジャックの大きなメリットは、自宅で気軽にプレイできることです。慣れ親しんだ環境でリラックスしつつ、快適にプレイできるので、着飾る必要もありません。また、気分を盛り上げるために聴く音楽も自由に選べます。ブラックジャックとポーカーは、ミュージシャンに刺激を与えて止まない人気のカードゲームです。ここでは、ブラックジャックに影響を受けた曲をたくさん紹介します。

ブラックジャックのプレイ中に聴く音楽

フランク・シナトラ Luck be a lady

1950年、ミュージカル『ガイズ&ドールズ』用にフランク・レッサーが作曲したこの曲は、シナトラの代表曲であり、ジャズ時代後期の曲です。1965年のアルバム『Sinatra ’65: The Singer Today』に収録されています。この曲は、最終的にシナトラが舞台で歌い、映画『ザ・クーラー』内のラスベガスのカジノの場面でも使われるなど、ポップカルチャー全般にわたるカルト的なヒット曲となりました。

この曲はゲームからゆるやかに影響を受けており、「The pickin’s were exuberant」と言いつつ「Stay with me boy」と運命の女神に懇願します。ギャンブラーは、運が良ければ、運命の女神は自分を騙すことなく「他の男のサイコロを吹っ飛ばしてしまう」だろうと歌います。オンラインブラックジャックのプレイヤーに向けて、『運命の女神がくれるものを受け取ることはできるが、決して自分の運に頼ってはいけない』というメッセージを送っているように思えます。

レイ・チャールズ ブラックジャック

アメリカのシンガーソングライター、ギタリスト、作曲家であるレイ・チャールズの『ブラックジャック』は、ムード音楽をお探しならぜひ試してみたい一曲です。有名なソングライターでギタリストのT-ボーン・ウォーカーがブラックジャックをプレイしていたという、レイにとっては個人的な出会いから生まれた曲です。ピアノ、ギター、ベース、ドラムを駆使し、ベーシックながらも力強い12小節のブルース形式を採用した、緊張感のあるジャズ・ブルースの一曲となっています。チャールズのソウルな歌声は、紫煙漂う深夜の小さなカジノの雰囲気を醸し出してくれます。

この曲の歌詞では、ギャンブラーは何も持っていません。「彼は絵札2枚を持って座っていた。私は楽しみに来たつもりだったのだが」と語ります。しかし、彼はそこで「ディーラーが17に達し、20と5だけだった」ことに気づきます。

ケニー・ロジャース ザ・ギャンブラー

ブラックジャックのカードゲームに言及はありますが、むしろポーカーに関する曲である『ザ・ギャンブラー』は、カントリーミュージック分野で米国最大のヒット曲の一つです。ドン・シュリッツが書いたアルバムは、カントリー歌手のケニー・ロジャースが映画内のストーリーを曲にして歌ったことで人気を博しました。

ブラックジャックのプレイ中に聴く音楽

この曲では、深夜の電車の中で年老いたベテランのプレイヤーが若い男に対してギャンブルについて語り、アドバイスをしています。彼は、若い男にはエースが足りないことに気づき、「ウィスキーの最後の一本と引き換えに、アイディアを与える」約束をします。年老いたギャンブラーの人生は、人の顔を「読み」、目を合わせた相手の持ち札が何なのかを「知る」ことにありました。