カジノでブラックジャックのプレイ中に聴くのに最高の曲

ニュージーランドのプレイヤーなら理解していることでしょうが、オンラインブラックジャックの大きな利点は、自分の家から簡単にプレイできることです。着飾る必要はありません。つまり、楽な服を着たまま快適な環境で、いつでもプレイできるということです。また、場を盛り上げるために、どんな曲を聴くかも選べます。

ブラックジャックとポーカーは、多くのアーティストにインスピレーションを与えてきた伝説的なカードゲームです。ここでは、ブラックジャックに何らかの刺激を受けて作曲や演奏をしているミュージシャンをご紹介します。

フランク・シナトラ Luck be a lady

1950年、ミュージカル ガイズ&ドールズ 用にフランク・レッサーが作曲したこの曲は、シナトラの代表曲であり、ジャズ時代後期の曲です。1965年のアルバム Sinatra ’65: The Singer Today  に収録されています。この曲は、最終的にシナトラが定期的にライブで歌い、映画 ザ・クーラー 内のラスベガスのカジノの場面でも使われるなど、ポップカルチャー全般にわたるカルト的なヒット曲となりました。

この曲はゲームからゆるやかに影響を受けており、「The pickin’s were exuberant」と言いつつ「Stay with me boy」と運命の女神に懇願します。ギャンブラーは、運が良ければ、運命の女神は自分を騙すことなく「他の男のサイコロを吹っ飛ばしてしまう」だろうと歌います。オンラインブラックジャックのプレイヤーに向けて、 運命の女神がくれるものを有難く受け取ることはできるが、決して自分の運に頼ってはいけない というメッセージを送っているようです!

カルネバ・ロッジ、タホ湖や有名なラスベガス・ストリップのザ・サンズに関わるなど、ギャンブル好きの事業家でもあったシナトラは、ゲームでの幸運について歌うのにふさわしい人でした。しかし、シナトラはギャンブル規制理事会にも認定され、カジノ経営者としては確かにうまくやっていましたが、彼は1つの大きな判断ミスを犯し、その損害を被りました。

レイ・チャールズ ブラックジャック

 

アメリカのシンガーソングライター、ギタリスト、作曲家であるレイ・チャールズの ブラックジャック は、ムード音楽をお探しならぜひ試してみたい一曲です。有名なソングライターでギタリストのT-ボーン・ウォーカーがブラックジャックをプレイしていたという、レイにとっては個人的な出会いから生まれた曲です。ピアノ、ギター、ベース、ドラムを駆使し、ベーシックながらも力強い12小節のブルース形式を採用した、緊張感のあるジャズ・ブルースの一曲となっています。チャールズのソウルな歌声は、紫煙漂う深夜の小さなカジノでとても長いブラックジャックの試合が終盤を迎えているかのような雰囲気を醸し出してくれます。

この曲の歌詞では、ギャンブラーは何も持っていません。「彼は絵札2枚を持って座っていた。私は楽しみに来たつもりだったのだが」と語ります。しかし、彼はそこで「ディーラーが17に達し、20と5だけである」ことに気づきます。